Strategy 3 : Listen with your eyes

 

あなたは「ながら」聞き、していませんか。

よそ見をしていたり、軽く聞き流したりといった、相手の話に集中していない、もしくは相手の話に集中する気のない聞き方です。

だれがそんな人に話をしたいでしょうか?

聞き上手な人は、実際に話を聞こうと努力しているし、意識を相手の話に集中して聞いています。

目は話をしている人を見ていますか? 身体は? 違う方を向いていませんか?

話をしている人はこの事を敏感に感じ取ります。 意識と身体を相手に向けて、話を聞いていることを態度で示すのはとても大切な事です。 相手を見ることでさらに注意深く話を聞くことができるようになり、理解も深まります。

だからその提案書を置いて、スマートフォンや雑誌や パソコンのモニターから目を離して、あなたに話しかけている人を見てください。

そして目で、体で、話を聞きましょう。

Communication is far more than just words and sounds.

Passive hearing is exactly that; passively hearing sounds without being engaged or even trying to be engaged.

No-one wants to be passively heard.

Active listening is actively trying to hear and be engaged to the sounds around you. People respond best to being actively listened to.

When you use your eyes, when you look at the source of the sound — the speaker — you are showing him/her that you are actively listening. You are showing them that their words have engaged you; that their words are important to you. Looking also makes you focus on the speaker and through looking you are able to listen more carefully.

So put down that proposal, smart-phone, magazine, turn away from your monitor and look at the person who is talking to you —listen with your eyes.

 
 
Hiroko Yanase