Q1. トレーニングはどこで行われますか?

オフィスの会議室で臨場感のあるトレーニングをご希望される方、都内のおしゃれなカフェなどリラックスした環境でのトレーニングをご希望される方、さまざまです。いわゆる”スクール”はないので、場所も時間も自由に決めていただけます。

都内では表参道、代官山、下北沢、赤坂といったエリアが人気ですが、東京都内のみならず、国内各地、ご希望があれば海外でもトレーニングは可能です。

 

Q2. 教室がなくてもトレーニングはできるのでしょうか?

問題ありません。むしろ教室がないことで、型にはまらない、クリエイティブで効率のいい時間を過ごしていただけると考えています。

例えば、アーティストの方と美術館やご自身のアトリエでお会いし、普段よく話すことや聞かれること、言いたかったことを、実物を見たり触れたりしながら練習していく。教室にいると出てこない質問も、リラックスした環境に身を置くことで自然に浮かんでくると思いますし、現実に近い対話を行うことで、自分の強みや弱みを理解でき、対応しやすくなります。

静かで居心地がいいことが第一条件ですが、オフィスであれ、おしゃれなカフェであれ、クライアント様の学習目的にマッチする場所をトレーニング場所として選定しています。

またiPad Pro、Apple Pencil、アプリ等をホワイトボードや教材の代わりに使用しています。当日の会話や学習の流れに合わせて絵を描いて説明したり、紹介した表現が実際にどう使われているかYoutubeで即探してお見せしたりと、インプロバイズ(即興)することもしばしば。学んだ内容をセッション中もしくは終了後にメール等でお渡しするので、クライアント様は板書する必要がなく、聞くこと、話すことに集中していただけます。

なお、国内外への出張が多いが定期的にセッションを受けたいという方や、移動時間もトレーニング時間に充てたいという方には、スカイプ等を介したトレーニングもご用意しています。

 

Q3. どのコースを選んだらいいでしょうか?

スペシャリストコースは、特定のコミュニケーションスキルを学ぶためにデザインされるコースです。 例えば、多国籍のオーディエンスに対してプレンテーションを英語で行う必要がある、国際会議での英語スピーチをすることになった、国際ジャーナルに英語論文を載せることになった等、専門家としての意見を求められた際にその場にふさわしい英語で対応できるよう、表現力を身につけていただきます。

ゼネラリストコースでは、英語で話すことに自信がもてるようになること、わかりやすい言葉で会話ができるようになることを目指します。英語でのコミュニケーションに自信をつけたい、幅広く英語コミュニケーション力を高めたい、という方におすすめです。

初回コンサルティング時に、どちらのコースがより適しているかご提案もさせていただきますのでお気軽にご相談ください。 どちらのコースもプライベートセッション、もしくは少人数でのグループセッションで受講されることをおすすめします。

トレーニングよりもプロの洗練された英語文章が必要、という方には、英文校閲、英文コピーライティングといった専門サービスもご用意しております。 詳細はServicesページでご確認ください。

また定期的に、LABtokyoのトレーニングを体験できる1Dayセミナーやイベントを実施しております。最新情報はこちらからご登録をお願いいたします。

 

Q4. トレーニング開始までにどのような手続きが必要ですか?

まずは無料コンサルティングを受けていただきます。

リラックスした環境で、いまの状況や学習の目的等をお話いただき、ニーズと現状の分析を行います。

どのように英語を使っているのか、使いたいのかを理解した上で、英語コミュニケーションのどのスキルを学び、何を強化すべきかご提案いたします。コンサルティングの後、話し合った内容を反映させたコース概要(料金、スケジュール含む)を作成いたします。ご同意いただけましたら、銀行振込にてお支払いいただき、コース開始準備完了となります。

 

Q5. コースの長さはどのくらいですか?

LABtokyoのトレーニング期間は個人、法人とも、目標やニーズによって個別に設定されるため、一概にこの期間を受けなければならない、というものはありません。コース期間は初回コンサルティング時に話し合って決めています。

傾向としては:

ゼネラリストコースの場合、12時間(約3ヶ月)を初回契約期間としてトレーニングを開始される方が一般的です。12時間終了後も期間を延長される方が多く、年単位で再契約される方もいらっしゃいます。

スペシャリストコースの場合、5時間を単位とし、5、10、15時間を1ヶ月から3ヶ月間で消化し、集中してスキルを身につけられる方が多いです。キャリアやライフスタイルの変化に合わせて、段階的に複数のスキルを身につけられる方もいらっしゃいます。

急きょ海外プロジェクトに参加することになったので短期間でトレーニングできないか、などの緊急時にも柔軟に対応するようにしています。詳しくは無料コンサルティングでご相談ください。

 

Q6. コースは全部でいくら位かかりますか?

一般的なコース例でご紹介します。期間、頻度、時間等は目標やニーズによって変わってきますので、詳細は無料コンサルティングでご相談ください。なおコース料金に含まれるものはServicesページでもご確認いただけます。

ゼネラリストコース例

期間:全12回(毎週1回、60分づつ)

合計料金:155,520円

スペシャリストコース例

期間:全10回(毎週1回、60分づつ)

合計料金:162,000円

 

Q7. トレーニングは申し込んでからすぐに始められますか?

お申し込みいただいた時点でのスケジュールにもよりますが、ほとんどのケースでは、コース内容への同意と、ご入金が確認でき次第、トレーニングを開始いただけます。スペシャリストコースで専門性の高いトレーニングをご希望の場合、開始まで2週間ほどプログラム作成のお時間をいただくこともございます。

基本的にはクライアント様のご都合に合わせて、スタート日を調整いたします。

 

Q8. トレーニングの予約はどのように行われますか?

コース開始前に暫定スケジュールをお渡しし、予定された日時にご指定の場所へお伺いするというのが通常の流れです。

日程変更が必要になった際は、メール、メッセンジャー、SMSなど記録に残る媒体によりご連絡いただくようお願いしています。基本的に日曜日と祝日以外の日程で、柔軟に対応させていただきます。

 

Q9. 教科書や教材はありますか?

国際基準の教科書を使ったり、LABtokyoオリジナルの電子教材を使ったり、iPadに図や絵を描いたり、学びポイントをメモしたり、と複数の教材をコンビネーションさせてコースを進めていきます。

一般的にはゼネラリストコースでは、教科書やオリジナル教材から、学習者のいまの英語能力、および目的に合った学びのポイントを毎回セレクトし、コースを進めていきます。 すべてのセッションは、進捗状況やそれぞれの学びのスタイルによってパーソナライズされるため、教科書を最初から最後まですべて順番に学ぶということはありません。

スペシャリストコースの場合は明確な目標があるので、それに合わせてすべての教材をLABtokyoが作成し、毎回のトレーニングで目標とするスキルと自信が身につくよう、しっかりサポートしていきます。

 

<サンプル教材イメージ>

 

このほかご不明点や、サンプル教材をどのように活用するのか実際に見てみたい、どのようなトレーニングが自分に合っているか診断してほしい、という方は下記ボタンよりお問い合わせください。