Insight 3 : Reading and imagination — Teaching and imagination

 
 

「映像の詩人」と呼ばれ、叙情的とも言える自然描写で知られるソ連の映画監督、アンドレイ・タルコフスキー。彼はこんな言葉を残している:『1000の異なる人々に読まれた本は、1000の異なる本である。』

 

タルコフスキーは人間の経験や想像力にはパワーがあるということを当たり前のように認めている。同じ文字や本を読んでも、受け取り方は千差万別なのだ。

 

タルコフスキーの本の概念とLABtokyoのクライアントとの関わり方は共鳴するところがある。

 

LABtokyoでは、教科書の最初のページから順番通り教えることは決してしない。

経験やイマジネーションをフル活用して、その場で必要なことをスケッチしながらコースを進めていく。つまり、あなたのストーリーを、あなたが学びたいことや必要とすることを、本にしているということ。

 

『1000の異なるクライアントには1000の異なる本がある。』by LABtokyo

 

The great Russian film maker Andrei Tarkovsky once said 

‘A book read by a thousand different people is a thousand different books.’

 

Tarkovsky rightly acknowledged that the power of the human experience and imagination  brings a different and individual vision to each new reading of the same group of words, or book.

 

What resonates with us about Tarkovsky’s words is that at LAB we treat each client in the same way Tarkovsky’s readers treat their books.

 

We do not start with a text book and lead you through it; rather, by drawing deeply on our experience and imagination we personalise each course. 

 

Essentially, we start with your story and write the text according to what and how you need to learn.

 

Therefore, at LAB, we might say ‘a thousand different clients is a thousand different books.’

 

 
 
 
Hiroko Yanase