哲学博士、研究者、非常勤講師、源河亨

Tohru.jpeg

源河亨 - 哲学博士、研究者、非常勤講師

English

源河亨は東京大学の研究者であり、慶應義塾大学所属の非常勤講師でもある。

専門は心の哲学、美学。『知覚と判断の境界線:「知覚の哲学」基本と応用』の著者であり、美的経験や芸術経験、音楽と情動の研究を行っている。

2019年には亨が日本語訳を任された、世界的に有名な哲学教授、セオドア・グレイシックの最新著書『音楽の哲学入門』も発行された。

LABtokyoが亨に提供してきたサービスは大きく分けてふたつ。

現代哲学の問題や歴史に関して英語でレクチャー、プレゼンテーション、ディベートを行う際のコミュニケーションスキルコーチング。

グローバルな聴衆に向けた講義およびプレゼンテーションの英語資料や学術論文を最適化するためのライティングサービス。

クライアントのニーズを理解し、その時に必要とされるサービスが提供できる臨機応変さがLABtokyoの強みである。あらゆる方面から蓄えてきた知識を総動員させ、毎回のセッションが有意義な時間となるよう努力を惜しまない。

美の哲学という高度な専門学術領域に関して亨と議論を重ねることは決して簡単な作業ではなかったが、過去18ヶ月にわたって彼と共に過ごした時間は、とてつもなく魅力的でやりがいに満ちたものであった。

LABtokyoでしか経験できない、価値のある時間を提供できたことを誇りに思う。

To be continued.

********************************************************************************

LABtokyoはクリエイティブ業界、人材に向けた英語でのコミュニケーション

スキル・コーチングを提供するトレーニング・コンサルタンシーです。

Hiroko Yanase